~* お知らせ : サーバーの不具合で多くの画像が見れなくなってしまいました(涙) *~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨晩、暖ちゃんはダンゴ虫実家にお泊りでした。
実家に泊まると子守担当は弟、33歳独身、結婚の予定無し
急遽泊まる事になったので、仕事中の彼に『暖ちゃんお泊りだから定時で帰ってくる事』とメールした姉のダンゴ虫です。コンバンハ。

夜、こんな画像が送られてきました。
寝かし付けはやっぱしバッテンおんぶ紐だ。

060929_2311~0001.jpg


撮ってくれる人が居ないので鏡に映して撮ったらしい…
姉がアホなら弟もアホだなぁ
暖ちゃんがどんな大人になるのか怖いです。

我が家では、何かあった時にお泊り出来ないと困るので、ダンゴ虫の実家と相方の実家に1ヶ月に1度づつ位はお泊りさせようと思っています。(相方実家は相方付き)
慣れていないと急な時、預かる側も大変ですが、暖ちゃんが1番可愛そうですからねっ。
本当は私がラクしたいだけだったりしてアハっ
今のところ大喜びですが、もう少しわかるようになったら[母恋し]になるのかしら?

前回のお泊りの時は初めてだった事もあり、暖ちゃんが居ない部屋がちょっぴり寂しく思えましたが、今回は[アレやろう、コレやろう]とすっかり夜更かししてしまいました。
夜のうち、いつになく甘えたふりをして『朝ご飯とお弁当免除して』と相方に1,000円札をピラッと渡しておいたので、朝は気付いたら9:30だった相変わらずの悪妻。
みなさん、アリガトウゴザイマシタ。


そして今日は出産後初めて焼肉屋さんに行きました。lunch焼肉だけど。
お肉大好き
まさか暖ちゃんと一緒に焼肉が食べれるなんて~~
ガッやっぱし。。。
ちょいと肉をひっくり返したその隙に、暖ちゃんイスから落っこちた!!
(子供用のイスだから、イズごと落っこちた!!という表現が適切かと)
今日はホッペを負傷してしまいました。ゴメンヨ。

スポンサーサイト
スーパーでもやしを買いました。最後の1個だったのです。
ラッキーと思いましたが、これって世の主婦がより選り「これはダメだわ」とポイッてやられたヤツですよね…きっと何度も。
ラッキーなのか?アンラッキーなのか?
考えたところでもうお腹の中なんですけどねっ。そんなダンゴ虫です。コンバンハ。

これ、見てください。

2006_09290020.jpg


犯人の立て篭もりではアリマセン。
暖ちゃん用バリーケード。
この家を建てる時、まさか子育てをするとは夢にも思っていなかったので、我が家のキッチンは対面式ではありません。少しでも広々使えるようにとあえてしなかったのが裏目に出てしまいました
こんな時対面式だったら、キッチンに入ってくる事が出来ないように1箇所だけフェンスを付ければ良いし、台所仕事をしながら暖ちゃんの様子を見る事だって出来る。
趣味*イタズラ 長所*イタズラ 短所*イタズラ の暖ちゃん1歳。
入れないようにと試行錯誤を重ねるのですが、すぐに見破られてしまいます。知恵比べ!!いつも私が負けます
そしてこんな状態に…

ダンゴ虫、スカスカ頭で考えました。
午後になると暖ちゃんが飽きてしまう原因。
狭い空間に加え、何にもイタズラの出来ないこの環境に問題があるのでは?(先手を打ち、オモチャ以外では遊べない環境にしていました)
コンロを触ったり、調理器具の入っている場所など、暖ちゃんに危険が及ぶ場所はもちろんNGですが、この頃はなんでもやらせてあげる事も大切なのでは。。。

今まで禁断ゾーンを作っていたのは、ただイタズラをされるのが嫌だからだけではありません。
御犬様の水とオモチャ置き場、そして御犬様が安心してくつろげる場所を絶対に作ってあげなければならないからでした。
ん~~~難しい。
御犬様だけが通れる場所。13kgのチャーコが通れる場所は10kgの暖ちゃんも通れるはず
そして、今日犬用サークルのパーツを買い作ってみました。
キッチン全体は開放し、犬スペースとガスまわりだけを囲いました。
多分、ノドが乾いたりした時にはこのドアの前に行くはず。
うまく行くかな~~
またまた被害に遭ったチャーコとクロミなのでした。

2006_09290062.jpg


禁断の場所に踏み込んだ暖ちゃん。
予想通り、いろいろな物を引っ張り出してくれました
元通りにすれば良いだけの事ですねっ

これから子育ての予定のある方。
対面式キッチンと和室は必要です…(うちにはどとらもアリマセン)
朝からハッスルして作ったニンジングラッセ
口に入れたとたんペッとやられてしまったダンゴ虫です。コンバンハ。
やはり味見は必要でしょうか

午後、横浜からハトちゃんが遊びに来てくれました。
ハトちゃんママは以前同じ職場で働いていたお友達。
最近では年賀状やメールでのお付き合いになってしまい、会うのはかれこれ5~6年ぶり。
きっと暖ちゃんが生まれていなければ、会う事は無かったのだろうな…
再会の機会を与えてくれたハトちゃん・暖ちゃんに感謝

再会の場は[愛らんど
ココならイタズラ盛りの暖ちゃんも危なくないので、目で追いながらゆっくりお話をする事が出来ます。
とっても良い場所なのにいつ行っても貸切状態なのも魅力

2006_09280013.jpg  2006_09280017.jpg


1歳5ヶ月のハトちゃん。
5ヶ月違いとは思えないほど賢い
ママの言う事がなんでもわかるのです。
もちろん「ダメ!」と言うことはわかる。←うらやますぃ~~~
「○○持って来て」「××して」も出来るのです。
感動
暖ちゃんも5ヶ月後はこんな風になるのだろうか?
いんやっ無理だな。だってハトちゃんが今の暖ちゃん位の頃はすでに賢かったらしいもん。
仕方無い。暖ちゃんは[大食い選手権王者]目指していきましょか
人間、1つ位はとりえがあるはずだ。ウンウン。

2006_09280009.jpg


帰宅後暖ちゃんに異変が起きました
なんと、今まで1秒位しか立てなかった暖ちゃんが5秒位立ったのです。本人も嬉しいのか何度も何度もやっていました。
そしてそして、3歩歩いたのです
ハトちゃんに影響されたのですかね。

2006_09280003.jpg


アッ 歩いた事、相方に話忘れてる
言って来なきゃ。
ってな訳で今日はこのへんで。



コレ・・・懐かしいでしょ。
あんこ玉

2006_09280008.jpg


午前中、スーパーaでお友達と待ち合わせをしていました。このあんこ玉をもらう為。
なんだか、いつもいろんな人にお世話になり、さらに頂き物までしているダンゴ虫です。コンニチハ。

暖ちゃんのF・milk(森永チルミル)が底を付いてしまったので、スーパーaに行く事にしました。
まだmilk(E赤ちゃん)を飲んでいた頃、大量に箱買いしたものの飲まなくなってしまい、処分に困ったので今では1缶づつ買っています。

1歳も過ぎたのでそろそろ牛乳にしようかなぁ。。。と思っているのですが、なかなかキッカケがつかめず。
それと良い加減な離乳食を与えているので、栄養が取れないような気がしているのです。
昨日の夕飯は鶏そぼろと卵の2色ご飯だけ。味噌汁位つけろや~~
うち、御ビを飲むから味噌汁作らないのよね。
おとといはおでんだったし
私たちの食事と一緒で完全に野菜が不足しています。

これではマズイと思い、今朝は張り切って、ニンジングラッセなんぞ作ってみました。
あのハンバーグステーキの脇っちょに付いている憎いヤツです。
アタシ、人参嫌いなの
離乳食作りには暖ちゃん用に買った小さな圧力鍋が活躍しています。
必要以上にやわらかくなるから。
写真は3分圧力かけて、蓋を開け、バターを入れて再度コトコトな所です。

2006_09280005.jpg


いや~~、実にマズそうですね。
もちろん味見は無し。アタシ、人参嫌いなの←しつこいッ
昨日、良い母になった事をアピールしたばかりなのにコレで良いのかダンゴ虫!!
大目に作って冷凍冷凍。
何日も食べさせられる暖ちゃんでした

暖ちゃんはキューピーの瓶詰めが1番好きなのよね
コレを書いているのは暖ちゃんが1歳の誕生日を迎えた数日後。
今では暖ちゃんのFirstKissを奪ってしまったほど、暖ちゃんのことを可愛く思えていますが、以前も記したようにこの感情が芽生えるまでには、少しだけ時間がかかってしまいました。

実はblogをはじめるにあたり、私のこの気持ちを正直に記しておこうと思いました。
それは、私のような気持ちを持っているおかあさんが意外にも多い事を知ったからです。
私自身、そのようなサイトで随分と助けられました。
私のblogもそんな方々の一助となればと思いました。
そしてもう1つ。
もしもこの先、また暖ちゃんとの生活に行き詰った時、冷静になれる場所、原点として残そうとも思いました。


カテゴリー[妊娠中][誕生から10ヵ月まで]は1つ1つの出来事を、その時々の気持ちを正直に書いていこうと思っていました。
何度も何度も書きました。そして何度も何度も消しました。
でももう『やーめた』っと!
私が誰かの一助になんて、そんなのおこがまし過ぎますね。
今楽しくやっているのに過去の事を思い出しながら綴ってなんの為になるのでしょうか?
そんな時間があるのだったら、御犬様と暖ちゃんと一緒に楽しい時間を過ごしたい。

そして1番は…

暖ちゃんは私たち夫婦が望み、授けてもらえた宝物なのに、私は妊娠がわかった途端、なんとも言い様のない不安に襲われました。出産や子育ての不安ではありません。
子供が得意ではない私なので、ただ漠然と今の充実しているこの毎日が変わってしまうという不安でした。(自分勝手デスネ・子供デスネ)
妊娠中、働けないのも、気分が優れないのも、ゴハンが美味しくないのも、御犬様と一緒に走れないのも、みんな暖ちゃんのせいだと思っていました。
7ヶ月位でしたでしょうか。
お腹の子が男の子とわかり、私は[暖ちゃん]という名前を付けました。
それからは、少しだけ暖ちゃんと会えるのが楽しみになったのでした。

しかし暖ちゃんが生まれてみると、想像以上に大変で…
でも私はお腹の中の暖ちゃんに7ヶ月間ヒドイ事をして来たのだから、生まれてから7ヶ月は「償い」だと思いがんばってきました。でもそれは『愛情』ではなく『義務』だったような気がします。心の底では、掃除をする時間がなく部屋が荒れ放題な事、ゆっくり座って食事が出来ない事、御犬様が2番目になってしまう事、そして夫婦仲が悪くなってしまった事。←今は大丈夫
みんなみんな暖ちゃんのせいだと思っていたのですから。。。
私はそんなヒドイ母だったのです。
思えば7ヶ月を過ぎた頃から、暖ちゃんはとてもラクになりました。
優しい暖ちゃんの事ですから、きっと許してくれたのでしょうね。
勝手ですが、それからどんどん大切になって今に至ります。


私にとってチャーコとクロミは自分の命を削れるほどの存在です。
もしこのblogを検索等で見つけて来てくださった、犬生活とは無縁の方は「バカじゃないかっ」とお思いでしょうが、犬生活とはそんなものです。(よね??)
ずっとずっと御犬様への愛情と暖ちゃんへの愛情は違うものでした。
でも、今は誰が1番とは言えない程、3人同じだけ、いっぱいの愛情があります。
“償い”でも“義務”でもない私の本当の気持ちです。
御犬様との生活に行き詰る事が無いように、暖ちゃんとの生活にも行き詰る事は無いという気がしています。
だから私にはもう冷静になれる場所、原点は必要ないのです。

3.jpg


あっ、そうそう。相方も同じように愛せねばなりませんのぅ。
それにはかなりの努力が必要かもしれませんな~
スーパーを出ると、後ろから若い男の人が声を掛けてしまいました。
『え?ナンパ??どうしよう。暖ちゃんも居るのに…
と1人妄想にふけていると、「お金落としましたよ」だと。
“ドテッ”  ~ 100円玉、落しました ~
図々しいにも程があるだろーと言われそうなダンゴ虫です。コンニチハ。

昨日は埼玉県から親戚が遊びに来たので1日中実家に行っていました。
たまに会う人は暖ちゃんの成長にビックリ。
一緒に住んでいる私でさえ成長の早さに日々驚いているのだから当たり前ですね。
と、同時にもしやこのスピードで私も老いてる?と恐ろしくなります。

叔母は市の「母子愛育員」というボランティアをしています。
妊婦さんや、新米ママさんのお宅を訪問して相談にのったり、ママさんサークルの時には子供を預かり、(その間)ママさんたちに情報交換などの息抜きの場を設けたりもするそうです。
その他、子育ての細かいケアも充実していて、子育てに力が入っている市なんですね。
私は実家が近いのでぬる~~い子育てをしていますが、夫婦だけで子育てをしている家庭にとっては心強いでしょうね。
そんな母子愛育員さんも暖ちゃんのイタズラぶりに「こんなイタズラな子見た事ないわ(笑)」と驚きでした
特に昨日は、はしゃぎ過ぎたのか座卓の角にオデコをぶつけタンコブ。
転んで床に顔を打ちつけ、歯で上唇を切ったみたいで、タラコ唇と、ワンパクぶりを発揮していました。
やっぱりこんなに小さい子でも、人が集まると嬉しいんでしょうかね。

最近はカタカタの現代版みたいなこのオモチャで独り歩く練習をしている暖ちゃん。
歩きがおぼつかないので、オモチャが先に行ってしまい、すぐベタッと転がっちゃうの
顔面を強打しています。
あっ、そうそう。最近わかった事ですが、すごーーく痛くて泣く時には声が出るまでに時間がかかるのですね

2006_09260001.jpg


そして意味不明なこの格好。彼のマイブームです。
昔の人はこの格好をすると下の子が出来ると言ったそうです。
まッ その心配はありませんが

2006_09260016.jpg

チャーコと暮すようになった9年前から、私はチャーコと長く離れたコトがありません。
飲み会で帰って来られず・・・というのはありましたケド

そんな私が出産のため、やむを得ず入院。
「絶対お産婆さん!」と言っていたのですが、ダメでした
、、、がっ 入院生活は思ったより快適。
まわりのお母さんは母子同室で、目の下にクマを作っていましたが私は、血圧が高いままだったので新生児室で預かってくれていたのです。
三食、オヤツに昼寝付き!ココまでは家と変わりないのですが、何が違うって毎食作らなくて良い
そして個人病院ならではの豪華食事。最高でしたわ~~

しかし、何かが足りない。
それはチャーコとクロミだ。
3日目のお昼ご飯。メニューは“サンドウィッチ”
「うんめ~うんめ~」とハムサンドを食べる私の手が止まりました。
そして細い目から溢れる涙
私はサンドウィッチの中に入っているキュウリが嫌いです。
いつもポイッと御犬様にあげてしまう。
そう!その日もキュウリをポイッとしました。でもその先はチャーコでもクロミでもなくお皿だったのです。
イヤイヤ、実にオーバーな話です。
でもその瞬間本当に寂しくて寂しくて「チャ~~コ~~、クロミ~~」って声を出して泣いちゃったんだからっ

お見舞いにはチャーコとクロミも毎日やって来ました。私のお部屋は1Fの駐車場脇だったので、カーテンを開ければそこにはチャーコとクロミが居るのです。
「里心が付くとかわいそうだから会わない」と言い、1度も会わなかった私ですが、実は里心が思いっきり付いていたのは私の方
それから退院までの数日間、枕を濡らし続けたダンゴ虫なのでした。
1日早く退院させてくれとお願いしたのですがダメでした(笑)

家に戻り、さぞかし喜び、徳光さんも涙するような感動の再会を期待していたのですが、意外にアッサリしたもので…ガクッ
1週間、面倒を見てくれた母にスッカリ懐いていたのでした。
こんなのあり??

病室に貼っていた写真。
私の大好きな1枚です。

mizu.jpg

朝食は抜き、昼食はお弁当、夕飯はスーパーのお惣菜と主婦業完全放棄中のダンゴ虫です。コンバンハ。

しつこいようですが、暖ちゃんBirthdayWeekも今日が千秋楽。
今日はお墓参りツアーのあと、相方実家に行ってきました。
昨日も書きましたが、うちの相方は(日)しかお休みでないのでお彼岸中の日曜日は鎌倉~近所~大矢部市営墓地と1日に3件まわらなければなりません。
これが結構大変
1番ネックなのが鎌倉。渋滞を避けるためには遅くとも8:30に出発しなければならないのです。
お寝坊暖ちゃんを8時に起こし、とりあえずミルクを飲ませて出発
ココへは私の両親と弟も一緒に行きました。
お寝坊チャーコも眠そうです。

2006_09240011.jpg


弟に肩車をしてもらい上機嫌の暖ちゃん。
この後、芝生に座り込み、桶で水遊び。バチが当たりますよ

2006_09240005.jpg


そしてチャーコは・・・
「チャ、チャーコ。いくら朝だからってココではマズイでしょ~がッ

2006_09240004.jpg


午後ようやく相方実家に到着。
甥っ子のミータンは御犬様にゾッコン(古ッ)です。
どーもチャーコが好きらしい。驚く事にチャーコは子供に人気があるんですよ。おっとりしているし、クロミのようなブチは子供から見たら怖いのかもしれないな。
夕方、暖ちゃんをジジババにお願いし、相方、ミータン、私でお散歩に行きました。
大喜びのミータン
ミータンは私や暖ちゃんが来るというよりか、御犬様が来るのが嬉しくて仕方ないらしい…
そんな姿を見て、『やっぱし暖ちゃんは世界一幸せな赤ん坊だ』と思ったダンゴ虫でした。
でも自分チの犬で毎日つき合わされたら『ボク、待ってる』とか言われちゃうのかなぁ

2006_09240018.jpg


暖ちゃんは私たち親が居なくても、全然平気。
自分の家に御犬様が居るせいか、相方実家の大きな犬もヘッチャラピー。
ヨシヨシ、ツオイ男になるんだぞ

2006_09240023.jpg

水族館に行った帰り道、「夕飯は何にしよう…」と悩んだ挙句サンマに。
数時間前は「お魚さんかわいいね~」と言っていたのに、「お魚さんおいしいねっ」ってサンマを食べさせる母。この教育が正しいのか疑問なダンゴ虫です。コンバンハ。

暖ちゃんBirthdayWeekも終盤の今日。
油壺マリンパークに[アンパンマンショー]を見に行ってきました。
プロデュースby相方。
土曜、祝日も会社の相方ですが、この日の為に連日10時過ぎまでの仕事。そして今日も午前中だけ会社とがんばってくれました。
これもみんな悪妻が勝手に決めたBirthdayWeekのせいなのです罠。

2006_09230001.jpg 2006_09230009.jpg


たしか子供の頃に行った記憶があります。
何十年ぶりかで行ったマリンパークですが、その記憶のとおり“昭和の香りタップリ”でした。
自宅で熱帯魚を飼うほど水族館好きなアタクシ、ダンゴ虫。
葛西、品川、鴨川、江ノ島、八景島 etc・・・
たくさんの水族館に行っています。
アシカやイルカのショーも好きなのですが、[昭和のメドレー・歌謡ビックショー]とサブタイトルが付くのではないかという程、群を抜いて昭和でした
アッ、コインを入れて歩くパンダやクマの大きな電動ぬいぐるみもありましたよドロドロだった…
(暖ちゃんはものすごく反応していました)

2006_09230018.jpg


さぁーてお待ちかねの[アンパンマンショー]
きっと来場者のほとんどのお目当てはこのショーなのでしょうね。
会場はいっぱいです。
ステージ前のイスには座ることが出来ず、芝生に座る形になりました。
暖ちゃんは・・・
アンパンマンより草刈に夢中。
勘弁して下さいよ

2006_09230026.jpg


時折、ステージにも反応していましたが、隣に座って居た男の子が着ていたアンパンマンのTシャツを指差し、「あった、あった」と叫んでいました。
指指すなってーの

まだ少し早かったかなぁ。

最後は水族館。
暗闇を怖がる子供たちをよそに、押入れに入り込んで遊ぶ暖ちゃんは『暗闇上等』とばかりにおとなしくしてくれていました。
おかげで「あんなの釣ってみたい」「美味しいそう」「何貫(寿司)出来るかな」などなど会話の弾んだ私たちでした。

2006_09230057.jpg


御犬様生活をしていると、大好きな水族館も足が遠のいてしまいますが、暖ちゃんのおかげで今日は楽しい1日を過ごすことが出来ました。
ありがとう、暖ちゃん。そしてプロデューサーさん。



我が家には“BirthdayWeek”という決まり事があります。
これはダンゴ虫が勝手に決めたもので、お誕生のお祝いが1日では足りない!!という欲張りから始まったものです。(御犬様もダヨ)
そしてこの“BirthdayWeek”、家族は勿論の事ダンゴ虫の友人まで引きづり込まれるという実に迷惑なものなのデス。
今週は暖ちゃんの“BirthdayWeek”。
同じ位の年のお友達とあまり遊んだ事のない暖ちゃんにお友達を作ってあげよー企画
そこで集められた、旧友2人とその子供たち。2006_09220014.jpg

さらに図々しい事に集合場所は友達の家ときたもんだ!
私に迷惑を掛けられるのは慣れたモンの仲間達なのです。
今日は前説が長くなってしまいましたが、そんな友達を持ってとっても幸せなダンゴ虫です。コンバンハ。

暖ちゃんはトミカ派か?プラレール派か?
今のところ電車男のようです。キターーーーー
電車を見ると絶叫しながら手を振る暖ちゃん。
いつも車生活の我が家ですが、“BirthdayWeek”中なので、能見台まで電車で出掛ける事にしました。(1歳にして3度目の電車)
『どんなに喜ぶか!』と思っていましたが、音が怖いのがダンゴ虫にしがみ付き、口はへの字。
期待ハズレ

そんなこんなでお友達のオウチに到着デス。
男の子が3人もいるマッチャン宅。おもちゃもいっぱいで大喜びだと思っていたのですが、部屋に入るなり号泣
それも肩をガクッと落とし、崩れ落ちていました。
2006_09220002.jpg

どーした暖ちゃん。

お兄ちゃんたちと楽しそうに遊ぶのだけど、時々思い出したかのように泣き出すのです。
お留守番の時ですら自らバイバイと手を振りお見送りをしてくれる暖ちゃんなのに、私がWCに行った途端に号泣
おとなしく私のヒザに入って来たりと今日は随分と違う一面を見せてくれた暖ちゃんでした。

2006_09220028.jpg 2006_09220039.jpg



しかーーーし。
家に帰ると本を破り、オモチャを投げ付けゴーマンぶりを発揮。
やっぱり“お山の大将”暖ちゃんデシタ!
今日は実家でおはぎ作りをしました。
私ははじめてお手伝いしたのですが、大きく作り過ぎてしまい1個食べたら満腹~~って大きさになってしまいました
でも2個食べたダンゴ虫です。コンバンハ。

と、言う訳で今日の暖ちゃんのオヤツはオギヤハギ。
もといっ、オハギでした。
暖ちゃん用は、“きなこ”。
大きさも小さいのねっ。
おはぎを食べるなんて暖ちゃんも成長したもんだわ~
2006_09210001.jpg


1歳を過ぎると食べられる物がグ~~ン増えるようなので(今までもそう気にしてなかったけど)、おいしい物をいっぱい食べさせてあげられるな
今は私の食べてるをすぐに横取りするワルな暖ちゃんなのに、自分のゴハンとなると少しでも固めのお粥はペッと出す。
最近は食べ物の好き嫌いも出てきたような気がするな~。


話は変わり。
昨晩、やっとこさ暖ちゃんの本の第3号が完成しました
週末、お墓参りで相方実家に行くのでど~にか間に合わせようと夜な夜な作ったのです。
次は1歳半。忘れないようにデータだけでも毎月作らないとね

2006_09210005.jpg

暖ちゃん位の子供を抱えているお母さん達はどんな風に1日を過ごしているのだろう

暖ちゃんは、午後になると飽きてしまうのです。
家が狭い事に加え、暖ちゃんスペースはオモチャこそ転がっているもののイタズラ出来るモノがないから飽きちゃうんだろうな…
歩いてお外で遊べるようになれば、また違うのだろうけど、コレがなかなかツライ母であります

夏場は午後になると水遊びをしてどうにか時間潰しをしていました
水遊びも肌寒い今、時間稼ぎに必死デス
そこで意味も無く買い物に行きます。でもこの息子ったらカートも飽きてしまうんですよ…ベビーカーはもっと
そこで最近は、スーパーやホームセンターにある“キッズルーム”とやらを利用させていただいています。
いやぁ~~、私がこんな所で子供を遊ばせているなんて…
あんまり見られたくない姿だわ
以前は市の施設の「愛らんど」にも行っていたのですが最近はご無沙汰です。

今日はホームズに買い物があったのでキッズルームで遊んで来ました。
場所によっては汚いキッズルームもあるのですが、何でも口に入れてしまう暖ちゃんなので、そーゆー所はNGです。
ココはおススメです

2006_09200023.jpg


お滑り台にも挑戦したのですが、体がベタベタな暖ちゃんは滑りません…
転んでも危なくないし、暖ちゃん大喜び!!
平日は人も居ないしね

2006_09200026.jpg


ただ。。。
私たちが外に出てしまうと御犬様は留守番になってしまうのでとってもかわいそうなのです
「さぁー、暖ちゃん。姉ちゃん達が待っているから帰ろう~~。プップッーー」
早く、みんなで遊べるようになると良いんだけどっ

2006_09200032.jpg

今日から秋のお彼岸です。
暖ちゃんも小さいうちからお参りに連れて行きたいなー、と思っていますがお墓っていうヤツはど~も蚊が多くて
今回もチャーコとクロミにお伴してもらったダンゴ虫です。コンバンハ。

お墓(寺)繋がりで、暖ちゃんの[初参式]のコトを書いてみようかな。
[初参式]とは聞き慣れない言葉だと思いますが、浄土真宗で、初めてお参りするお式の事を言います。
一般的に、男の子が生後31、32日目で神社にお参りする“お宮参り”のようなものですねっ。
私は困った事があると、『神様~、仏様~、イエス様~』と欲張りなお願いをする図々しい人間なのですが、喪中で鳥居をくぐりたくなかった事と、おじいちゃんの眠るお寺さんなので、神社ではなくお寺でのお参りを希望をしました。

お寺というと「死」を想像してしまいがちですが、結婚式に神前式があるように仏前式というのもあるんですよね。(実際にした人は聞いた事がナイけど)
私も住職にお会いするのは不幸があった時が多いので、こんなニコニコ顔の住職を見てちょっととまどってしまいました。
2005_1103031.jpg


お式が終わると、暖ちゃんは「仏の子」となるようデス
記念に我一族では誰も持っていない御袈裟ととってもかわいいお数珠を頂きました。
お宮参りだと御札をいただけるのかな?

2005_11040004.jpg


1ヶ月半位の事でした。
私の疲れはピークに達し、とてもヤツレて写っています
2005_11030045.jpg

1年の2/3を裸足にビーサンで過ごすダンゴ虫。
今年は母にもなった事だし(関係無い?)、ビーサンは1/3位にしよ~かな、と今日はク*ロ*ック*スのつっかけタイプ(?)を買いに行きました。
えへへ、子供用が履けちゃった♪
大人用に比べて1,000円も安いんですよ~。ラッキー♪
子供用は13cmからあり、ちっちゃいのはスゴクかわいい
是非来年は暖ちゃんもク*ロ*ック*スデビューとたくらみながら帰宅したダンゴ虫です。コンバンハ。


今日は母が買い物の帰りに寄り、こんな本を買って来てくれました。
[マミイ]
なんだか名前だけ聞くと、風呂屋で風呂上りに飲む瓶入りのインチキ乳酸菌飲料を思い浮かべますね
ビックリしましたわぁ。
対象年齢は6ヶ月~ですって。こんなに小さいうちから本に触れさせる事はとても良い事だと思うのですが、当の暖ちゃんは “本=破るオモチャ” と思っていますからね…

最初は興味を示していました。
だって大好きなアンパンマンが載っているからねっ
「アンパ~~~ン」と
2006_09190008.jpg


生意気に付録まで付いているのです。
本より付録!!というのはいつの時代の子供も一緒ですね2006_09190011.jpg



只今我が家は暖ちゃんの物が溢れ返ってイマス。狭いのに…
お誕生日という事もありますが、やっぱしおじいちゃん&おばあちゃんというのは甘いですね~
「厳しくしつけなきゃダメよ」なんて口では言っているものの、何でも買ってあげちゃうのはこの人達ですから
ちょっと困りものですが、これも親孝行でしょうか。
ちなみにお菓子もたくさん買って来るのですが、こちらは有り難く私のお腹にも納まっています
オモチャよりお菓子のほうがいいなぁ。
私の育児の中でコレを外してはならない。
それはたびたび登場する昔ながらの 

“『オッパイです』のバッテンおんぶ紐”

いやぁー、実は私、おんぶ紐を何種類買ったことか…
産まれる前は見た目重視のオシャレな物を使う気満々でした。
ユグノーのサンクマニエル、スリング、ホルダータイプ etc
相方もオシャレなおとうさんを夢見て、チャーコでシュミレーションしていましたよ。
2005_08290004.jpg



でもどれもこれもシックリ来なくて、5,6個買いました
そしてやっと辿り着いたのがこの昔ながらのおんぶ紐だったのです。
辿り着くまでも長かったけど、今時こんなの売っている所を探すのも大変でした

出会うまで。
とにかく寝ない子なので家事どころか歯磨きも出来ないのです。
ようやく首が座った頃から、1日の大半をこのおんぶで過ごしていましたね。
イイんですよ!コレ。
両手が空くから、洗濯に食事の支度にって、まるで夢のような紐です。
さらに、寝るZzzz…
保育園で勤めている友人に聞くと保母さんはみんなこのバッテンだそうです。

今でもグズりはじめたらバッテン。
寝かせたい時にはバッテン。
お寿司はバッテラ。
もう暖ちゃんにもバレてきて、足を入れようとすると「寝るもんかぁ!!」って激しく抵抗されています。
おぶっちゃえばコッチのもんさっ


そして。
我が家にはチャーコとクロミが居るので、小さい時から雨でもヤリでもお散歩に付き合ってもらわなければいけませんでした。
ベビーカーは新生児でも寝かせたまま乗せられるというAB兼用型を購入。
何回かはベビーカーで行ったのですが、坂道でウンチョスされたりすると拾う時に危険だったりして。
結局、お散歩もこのバッテンになりました。
雨の日でもコレなら
外を歩くのは絶対にイヤっと思っていたんですけどね…
これは、まだ夏前、バラを見にヴェルニー公園までお散歩に行った時の写真です。
周りの人が笑っていまね
P6060055.jpg



1歳になった今も10kg背負って、1日1,000歩近く歩いているのです

絶対オススメです。
“『オッパイです』のバッテンおんぶ紐”
未だに相方は「外は勘弁して」と言っておりますが・・・
大相撲秋場所中の今、ごひいきの栃東関が勝つと暖ちゃんも一緒になって手を叩いてくれるようになりました。
そんな息子を見て、「将来お相撲さんになったらちゃんこ鍋を作っておくれ」と思う母、ダンゴ虫です。コンバンハ。


今日は暖ちゃんの1歳のお誕生日
おめでとうーーー。
暖ちゃんが産まれたのは朝の9:30。
そして偶然にも今朝私と暖ちゃんが目覚めたのは9:30でした。
時計を見てビックリ
まわりの皆は「早いね。」と言うけれど、私はとっても長かった…。
でも1年前の今日の事は鮮明に覚えているから、やっぱしアッという間だったのかな。

私は立会い出産をしました。
「心細いから」とか「一緒に感動を!」というのが、ふつうの理由でしょうが、私はというと、「見せておいた方が今後の育児に参加するかな」「1人でツライ思いしてたまるか!」というとってもバチあたりなものでした。
そんな中で無事に産まれた暖ちゃんは産湯できれいにしてもらうと、私の横にやってきました。
助産師さんが「抱く?」と聞いてくれましたが、私は「いいです(結構です)」と答えたのでした。
相方は私の母に命じられたビデオ撮りに奮闘していました。
おとうさんもおかあさんも居るのに抱いてもらえなかった暖ちゃん。
なんで抱いてあげなかったのだろうと今でも悔いています。
だから私はいつかダッコさせてもらえなくなる日までは、出来る限り抱いてあげようと改めて思った今日でした。

出産を終え、初めて口にした物は病院での本日のオヤツ“ダンゴ”でした
ちょうど中秋の名月だったので。(やっぱり出産数は多かったデス)
その時にはもう名前が決まっていたので、なんだかそのおダンゴに運命を感じながらも全部平らげました
字も“団ちゃん”のほうが良かったですかね~。


1歳のお誕生日には一升のお餅を背負わせるそうです。
地域によっては足で踏み踏みする所もあるようですが。
暖ちゃんはまだ歩けないので、どうしようかな・・・と思ったのですが一応形だけやっておきました。
私はどうでも良いんですけど、暖ちゃんがいつか子供を持った時に知らないと困りますから。

とりあえず風呂敷を新調しました。
男の子だから紺地かな?でも赤の方がめでたいよな?
あれこれ考え、赤の方が写真写りが良さそうなので赤い風呂敷に包む事にしました。

2006_09180003.jpg



とりあえず柱につかまらせ立たせてみましたが・・・ドロボウみたいですね

2006_09180008.jpg



これでは、記念の儀式というよりイジメでしょうか?

2006_09180013.jpg


暖ちゃん、これからもよろしくね
昨日あまりにも大量のグラタンを作ってしまい、昼ごはんも夜ごはんもグラタン三昧なダンゴ虫です。コンバンハ。

昨日の昼間はお買い物にグラタン作りとバタバタ。
夜は暖ちゃんのお誕生会と、影の薄くなっていたチャーコとクロミです。
暖ちゃんが産まれる前、休日のお散歩と言えば、山に川に海にと、いろいろな所に行っていたのですが、この1年は近所の公園ばかりです。
そこで、昨日いっぱいガマンしたチャーコとクロミが1番好きなお山に行く事にしました。
久しぶりです。

2006_09170014.jpg


夏場は蚊がすごいので、今日は暖ちゃんも私も長ズボンを履き、虫除けスプレーをして行ったのですが、それでも常に5匹位がブンブンしていてスプレーをしていない顔を刺されちゃいました

お山を歩く時にはやっぱりこの“『オッパイです』のバッテンおんぶ紐”
ちょっとかっこ悪いですけどねっ、危険には変えられません。
余談ですが、母乳をやめて以来このおんぶ紐を使っても強調されなくなってしまいました。トホホ
2006_09170004.jpg


お山歩きのあとは広場に移動し、ボール遊びをしました。
これ位涼しいと御犬様の動きもイイですね。
もう少し大きくなったら投げ手は暖ちゃんになるのでしょうか?

2006_09170020.jpg


寒くなったら寒くなったでまた出辛くなるので、今のうちにたくさん御犬様孝行をしてあげたいです。
私からのお誕生プレゼント
オークビレッジさんの“寄木の積み木”にしました。
コンセプトは ~100年かかって育った木は100年使えるモノに~
素敵でしょ。
積み木とブロックって頭がよくなるんですって
以前からコルクの積み木を買ってあげようと思っていたのですが、噛み噛み星人の暖ちゃんはみんな食べちゃいそうなので…

アタクシ、自慢じゃありませんが、baby用品は全くわかりません!
アップリカとコンビしか知りません。お洋服はミキハウスしか知りません(笑)
犬用品は詳しいんですけどね~
そこでいつも参考にさせていただいているのが、近所の黒ラブカノンちゃんの弟分、コータンblogなのです。
ドロンコ生活の我が家とは違い、とってもオシャレでリッチな生活をされています。baby用品だけでなく、子育てについてもダンゴ虫の教科書になっています。暖ちゃんの方がちょっぴり早生まれなのに 頼りにしています♪
コータンの初節句のお祝いはこの積み木でした。
ハッと思い出し、マネさせていただきました。
しかし・・・注文後、届くまでに腹が立つと物を投げる事を覚えてしまった暖ちゃん。
こんなの投げて御犬様に命中しちゃったら大変です
しばらく閉まっておくか。

暖ちゃん、なんか届きましたよ。
2006_09160006.jpg


ひのき、さくら、ぶな etc…
数種類の木で作られており、木名が焼印されています。
我が家の玄関の上がり淵に使っている[たも]の積み木も1個だけ入っていました。
記念に[だん 2005.9.18]と入れてもらいました。(たった1個の積み木に入れるのに1,050円もした!!)
木の良い香りがするので、間違えてお風呂に入れないようにしなきゃ。
09170004.jpg



新しいオモチャに興味津々な暖ちゃん。
2006_09160020.jpg


最後には。。。
やっぱり食べていました。
2006_09160021.jpg



大きくなって遊ばなくなってしまったら、何か形を作って飾っておこうと思います。
相方は暖ちゃんが車に乗るようになったら、名前の刻印がある物をキーホルダーに加工してあげたいと言っていました。
その頃には手垢が付いて良いカンジにツヤツヤになっているんだろうなぁ。
暖ちゃんの思い出もツヤツヤと素敵な物でありますよーに。
それでも残ったら、とりちゃんチの薪ストーブ用の薪にすっかね
昨晩飲み過ぎてしまい、ちょっぴり二日酔い
こんな日に…全く自覚の無いダンゴ虫@反省中です。コンバンハ。

もうすぐ暖ちゃん1歳のお誕生日!
2日早いのですが、みんなが集まれる日が今日しかないので、お誕生会をしました

私の中で“誕生日”というのは、その人のお祝いであると共に、産んでくれた両親への感謝の日であり、家族が増えたという家族の記念日だと思っています。
だから30を過ぎた今でも誕生会は家族全員で行います。
チャーコとクロミも例外ではありませんよ。
だから我が家(実家)では、7月のクロミから始まり、1月産まれの父まで毎月毎月お誕生会があるのです。好きだね~~。
今までは9月だけが抜けていたのですが、めでたく暖ちゃんが9月産まれになったので、毎月デス。

これは数年前のチャーコのお誕生会用の犬メニュー。
テーマは『オコマサランチ』です。
全部、犬に悪くない食材で出来ているんですよ。
この日ばかりはいつも以上にガッツキ犬になります。
uley.jpg


そしてこれは、今年のクロミのメニュー。
テーマは『居酒屋風』です。(ビールはダンゴ虫が飲みました)
毎年、数ヶ月前から「どんな風にしよう・・・」と悩み、時にはお友達も巻き込み、とっても楽しい思いをさせてもらっています。
数年前のものと比べてもわかるように、ドンドン上達しています♪
ari.jpg


そして今日のメニューはグラタンとお寿司。
おかしな組み合わせですが、まだ大ご馳走を作る余裕がないので暖ちゃんの大好物なグラタンを作り、お寿司をとりました
お誕生会には、実家の家族、親戚のおばさん。
途中飛び入りでプレゼントを持って来てくれた親戚と、とっても賑やかで楽しいものになりました。
みんなに感謝 暖ちゃんに感謝

暖ちゃん、ロウソクの火を見て絶叫
2006_09160024.jpg


お鼻になんか付いてますよ
2006_09160062.jpg

← 先天性鼻涙管閉塞症 其の弐よりつづく

横須賀の街医者から県立子供医療センターを紹介してもらった暖ちゃん。
この病院は街医者では治療の難しい県内の子供達が集まって来る病院です。
街医者から直接センターに紹介状が送られ、患者の元にはセンターより初診の日時が送られてくるというシステムです。(それでも1ヶ月~2ヶ月待ち)
今思えば、紹介してもらえた暖ちゃんはラッキーだったかもしれません。

病院のエントランスはホテル並みにきれいです。
グランドピアノがあり、大きな液晶TVでは教育番組が流れていました。

2006_07040001.jpg


しかし、まわりを見ると…
言葉にならない光景です。
この病院では車イスに乗っていられる子供はまだ軽症です。
ストレッチャーで毎日を過ごし、体中にチューブを付けられ、時間時間で吸引しています。

暖ちゃんは眼科の外来へと案内されました。
そこでまずは、確認のために何度もやってきた鼻道洗浄。
結果、暖ちゃんの右目は4箇所も詰まっていて水圧では難しいとの事でした。
となると、穴から細い針金のような物を通し詰まっている部分をブチ開けるブジーという治療法になります。これは手術扱いになるそうです。
出来れば、傷などの心配のない水圧での治療が好ましいのだけど、無理そうです。
私はブジーを承諾し、暖ちゃんは処置室へと行ってしまいました。

戻ってきた暖ちゃんのお顔はこんなでした。(ヒックヒックとしゃくっているのでブレブレです)

2006_07040006.jpg


私は横須賀の病院での治療でこんな暖ちゃんを何度も見ているけど、はじめて見た相方はヒドク驚いていました。
大泣き、汗びっしょりなので着替えをした時の写真です。
「こんな時に写真なんて・・・」というカンジですが、笑っているお顔、楽しい場面ばかりでなく、こんながんばった暖ちゃんを残してあげたって良いじゃないですか!
だから私は何枚も撮りました。

この後何度か鼻涙洗浄で確認しましたが、詰まる事もなく完治したようです。

この病院に行き、私は変わりました。
実は私は、妊娠直後から暖ちゃんの事を母として、それ程可愛いと思う事が出来なかったのです・・・。(これもボチボチ書いていきたいと思っています)
もちろん憎くはありませんでした。
嫌いでもありません。
可愛いと思うこともありました。
当然傷付ける事なんてありませんでした。
一生懸命やっていました。
でも、チャーコとクロミに対する愛情とは異なり、一言で言うならば「義務」で接っしていたような気がします。最低です。
センターでまわりの子供達を見て、「かわいそう」という言葉は失礼過ぎます。
私にとって必死にがんばっているその子達はハッと気付かせてくれた天使でした。

思いました。
“元気に生まれてきてくれただけで十分じゃないか”
そして、この子たちに比べたら暖ちゃんの病気なんて何億分の一。
でもこんなツライ治療をしない子の方が圧倒的に多いじゃないか。
そんな治療をがんばった暖ちゃんが急に愛おしくなったのでした。

ダメダメ母に神様が与えた、小さな小さな試練だったのかもしれません。
この日以来「ダメ」は一つ取れ、ダメ母へと昇格いたしました。


いつも車ではグズル暖ちゃんが帰り道グッスリでした。
もう痛い思いしないでいいからね。暖ちゃん。
よくがんばったね。暖ちゃん。
ごめんね。暖ちゃん。


2006_07210009.jpg


そして。。。
ありがとう、暖ちゃん。

■長い読み物にお付き合いいただきありがとうございました。ダンゴ虫



← 先天性鼻涙管閉塞症 其の壱よりつづく

暖ちゃんの先天性鼻涙管閉塞症の話をすると「うちもそうだったよ」と意外にも多いことが発覚。
ちょっと安心するも、みんな半年位で自然に治ったと。
そんな暖ちゃん、9ヶ月になっていました。
この頃になると外出も多くなり、涙目の暖ちゃんは埃がくっつきやすく、ねんじゅう結膜炎を起し、目は充血し、目尻はただれて真っ赤でした。

もし、このまま詰まったままだとしたら、一生ウルウルお目々の暖ちゃんが出来上がるそうです。
そして1歳を過ぎると治療もしばり付ける事が難しくなるので全身麻酔になり、1度開いてもふさがりやすく、最悪の場合は口から切開し顔を開く大手術になってしまうとの事。

今度は違う眼科に行ってみました。
初日の治療は前回の病院と一緒。
でも違うのは、Dr.は上記に書いたような一通りの説明をしてくれました。
そして治療方法。(押さえつける事など)
「立ち会いますか?」とまで聞いてくれた。
私は断りました。Dr.が信頼できそうな事。そして、ツライ暖ちゃんは「おかあさん、なぜそこに居るのに助けてくれないの?」と思うと思ったからです。

この病院での治療は2回。
思ったより重症で水圧では開きそうにないので、県立子供医療センターへの転院が決まりました。

Dr.は最後に
「これは目の病気でなく瞼の病気なので、視力が落ちるなどの心配はいりませんよ。安心して下さい」と言ってくれました。
最初からこの病院に来るべきだった。



→ 先天性鼻涙管閉塞症 其の参へつづく

~**はじめに**~ 今日はいつになくマジメな記事です。


入院中は寝ている事が多くてわからなかったのですが、家に戻り寝なくなると目ヤニが多くつねに涙目な事が発覚。
時には目ヤニで目が開かない事も…

2005_1006dan0005.jpg



1ヶ月検診の時に話すと、暖ちゃんの病気。先天性鼻涙管閉塞症の事を聞きました。
涙の出る穴というのは瞼の上の方にあるそうです。
アッカンベーして見える下の目頭の所にある穴というのは涙が戻る穴だそうです。(私はここから涙が湧いてくるような気がするんだけど…)
そこは、生まれつき詰まっている、もしくは狭い子が居るそうです。
赤ん坊には少なくなく、時間が経つとそこも成長し自然に治る事もあるそうですが、広がらないと手術が必要になるとの事。
その目安は半年。

私も半年様子を見ようと思ったのですが、声枯れの時に小児科のDr.に聞くと早いほうが良いとの事で、だいぶ外を出歩けるようになった4ヶ月で眼科の門をたたきました。

注射でその穴に水を通してみます。
水が戻ってきてしまえば、詰まっているということになります。
暖ちゃんは見事に詰まっていて、治療がはじまりました。
治療は基本的にこの“涙道洗浄”という方法で水の勢いで開通させるというもの。
目に刺さったら危ないので、バスタオルで何重にも包まれ、大人数人がかりで押さえつけるむごい治療なのです。
初日、帰宅後暖ちゃんの頭に内出血がたくさん見つかりました。
??と思いました。
2回目の治療。この時は治療後すぐに頭の内出血と腕にアザが出来てしまっていました。
お会計後でしたが、もう1度Dr.のところに行くと
「かなり泣きましたからね・・・。心配だったら、皮膚科に行ってください」と言われた。ブチッ

こんな病院、もう来るもんかっ。
雑誌にも載っている有名な女医さんだから安心していたのに…
(有名なのは白内障手術でした。ありゃりゃ)

バスタオルで包まれることや水を通す治療のやり方は其の弐で出て来る眼科で聞いたものです。
この病院では、たいした説明も無く、暖ちゃんは抱っこして連れて行かれちゃいました。



→ 先天性鼻涙管閉塞症 その弐へつづく
秋を通り越して冬になってしまったような今日。

暖ちゃんのこの夏の想ひ出を書いてみたいと思います。
楽しい事はいっぱいあったけど、コレでしょ。



**~暖ちゃん坊主になる~**


やってみたかったんだよー、マルコメ君。
子供らしくてかわいいじゃないですか!(男の子を持った親の特権)
暖かくなったらすぐにしようと思っていたのだけど、相方のお義母さんに「危ないからダメよ」とダメ出しされてしまった…
チッ!やるなんて言わなきゃよかった。
「ダメ」と言われてやってしまう程生意気な嫁でもないので、とりあえず短めカットにしておきました。

ガッ!
やっぱしやりたい…
相方もやりたいってさ。
お盆休みに実家に行き、お彼岸まで会わないのを良い事に翌日、ガガッーとやちゃいました
一応、9mmにしておきましたが。

これから起こる事を何も知らずに今日も無邪気に水遊びをする暖ちゃん。
ただ一つ違うことは。。。裸ダ

2006_0821-0006.jpg


刈った毛が顔や体にくっつき、かなり嫌がっていましたが、無事終了
かわええ~~
でもマルコメ君と言うよりは、お地蔵さんっぽい。人間で言うならばエナリ君。

2006_0821-0022.jpg


もうすぐお彼岸。バレるわね


ちなみに我が家はチャーコも坊主。


112229294213613.jpg

私の胃袋は足の付け根から喉まであるようです。今日のlunchはしゃぶしゃぶ。お肉300gをモリモリと食べ、その後近くで“スイーツ食べ放題の会”をしているお友達に合流しようと企んでいたのですが、すでに解散していたようで…ガクッなダンゴ虫です。コンバンハ。

昨晩も1~2時間おきにグズグズしていた暖ちゃん。
やっぱ少し具合が悪いんかな・・・と思っていたら、朝は「ゴホンゴホン」と咳をしていました。
こりゃ、突発疹その弐でなく風邪だな。
うつされたのか私も微熱がありました。
でも、しゃぶしゃぶには行きました(体調悪<食欲)

喜ばしい事なのか困った事なのか、暖ちゃんはお薬が好きみたいです。
お薬と言うより口に入る物は何でも好きなんですが。
飲み終わった後、「あった、あった」(暖ちゃんはなんでも『あった』で片付けます)と「もっと飲ませろ」と言わんばかりに薬を指差すのです。
あまりにうるさいので、昔もらった瓶を持たせておきました。

2006_09140006.jpg


暖ちゃんの朝ゴハンは、バナナ・オートミール・コーンフレーク・パンをローテーションで食べさせています。
でも今日は朝からせっせと、しらす入りの卵粥なんて作ってあげちゃいました
いやいや、私も良いお母さんになってきたもんだ。(当たり前の事?)

どんな時も食欲が衰えないのはダンゴ虫譲りの暖ちゃん。
プラスチックの子供茶碗一杯の卵粥を完食されました。アッパレ

我先に給食をお替りする子になったらどうしよう…

夕方のお散歩。
どーしても靴下がイヤな暖ちゃん。
風邪もひいている事だしと、母にタイツを履かされちゃいました
それも、ナゼかうさぎちゃん柄の。
白い王子様タイツよりはマシかなぁ?あっ、でも白も買ってあるんですよ、母は。
今日は黒いTシャツを着せていたので、まるでクロコのようです。
もちろん、タイツも気に入らないらしく一生懸命脱ごうとしている暖ちゃんでした。



2006_0914taitsu0002.jpg

暖ちゃんは生後40日足らずで、小児科のお世話になりました。
この頃の赤ん坊はお母さんの免疫があり、あまり病気にならないと言われているのですが。

ある日突然、赤ん坊のクセにハスキーボイスになってしまった暖ちゃん。
思わずロン毛にしてロック歌手にでもしようかなー、と思ったのですが、ずっと鼻づまりもしていたので小児科に連れて行く事にしました。

Dr.は「風邪でしょう」と、鼻水を吸ってくれ、お薬を出しました。

んがっ!!
風邪ではなかった。
コレは“声枯れ”
暖ちゃんはまだカラオケをしませんから、歌い過ぎではなく泣き過ぎからだったのです
いつもいつも詰まっていたお鼻もいつも泣いている事により鼻水の量も多く…

泣かなくなってから声枯れも鼻詰まりもスッカリしなくなった暖ちゃんです。

ちょうど生後1ヶ月目の暖ちゃん。
口開いてバカ面ですね
2005_1017dan0002.jpg

暖ちゃんが寝ない子だったというのは書きましたが、同時に寝ぐずりのヒドイ子だったのです。

寝ぐずり=眠いのに寝られず、グズル。

3ヶ月位になるとそれでも消灯時間は明け方5時から深夜2時位になりました。
11時には寝室に上がるのですが、それから6畳の狭い部屋を抱っこしながら行ったり来たりと何往復、イヤッ何千往復した事でしょう。
ずっと、体を突っ張らせ泣いているんです。
おかげで相方と犬は寝室を別の部屋にし世のお父様方に比べ、夜中の赤ん坊被害に遭わずに済んだ事でしょう。
私は深夜番組通になりました。
(先日ゴールデン入りを果たした“Qさま”。あの頃からいけてるなぁ~と思っていたのよ)

3時間するとオッパイで目が覚め、授乳後ガソリンの入った暖ちゃんを抱き、また「ヨイヨイ」の開始です。
いやぁ~、今思い出してもおヘソが背中に回るほどキツかった。

その代わり、暖ちゃんの目覚めはすごぶる良い。
起きた瞬間「ニタッ~~」と笑います。コレは今でも変わらず。
きっと朝起きてすぐにカツ丼を食べる事の出来るタイプでしょう。
そうそう、今でも起きてすぐに「まんま、まんまーまんまんまーー」とあげるまでミルクの催促してますがな。

生まれて1ヶ月弱の暖ちゃん。
私の大好きな1枚です。カンペーちゃんみたいでしょ。アヘアヘ~~

2005_1014dan0021.jpg

今日は寒いですね。
梅雨が長かった分、秋の訪れが早いと言われています。
去年の今頃は、大きなお腹で産む直前まで暑く、フゥフゥ言っていたダンゴ虫です。コンニチハ。

今日は暖ちゃんも私も長袖Tシャツです。
暖ちゃんに長袖を着せると袖の部分がどーも嫌らしく、文句を言いながら(嘘泣きしながら)袖を取ろうと引っ張っていました。
引っ張ってダメならばと今度は歯で食いちぎろうとしていました。
コワッ。
赤ん坊ってのは何でも口に入れる生き物らしいけど、同時に噛み付く生き物なのでしょうか?
子育ての知識がかなり低いためわからないのですが、暖ちゃんはすごーーーく噛み付き星人なのデス。
物には何でも歯を立てます。おかげでイスの背もたれもベッドの柵も塗りが剥げてしまってます。
そして1番困るのは、人を噛むんですよ…
抱っこすると肩や腕をガブッと。
ニコニコ寄って来て、私達の体に頭をうずめたかな・・・と思うと、腹や太ももをカブッと。
これが痛い!!加減を知らないですからっ。そんでもって歯が薄いときているから体中アザだらけ。
暖ちゃんの愛に応えるのも命がけです。
犬の骨ガムでも与えておきたい気分ですが、やっぱマズイですよね??

この噛み付きは腹いせではないようです。
だって怒った時には人の顔を思いっきり掴んだり、最近では物を投げたりしますからね。。。
もう少しわかるようになったら少し厳しくしつけないと末恐ろしいです。
スーパーで買ってもらえないからと、通路で寝転び手足をバタバタさせて大声あげている子。
そんな子になってしまいそうですマズイ。

2006_09130019.jpg

暖ちゃんの大切なマグマグ。これも歯を使って分解してしまうのです
漏れないハズのマグマグなのにおかげでそこいら中ビショビショです。


2006_09130013.jpg

昨日、ソファーの登頂を果たした暖ちゃん。
今日は自分のおイスに挑戦です。
オマエは野口*健か!!!
今日はカテゴリー[誕生から1歳まで]です。
現在の記事にねんじゅう「大変だった、大変だった」・・・って何が?
と、お思いでしょう。
え?そんな事思っていない?
オーバーなだけだろっ。て思ったソコのお嬢さん、正解かもしれません。
でもさ、今まで生きてきて1番大変だったんだから~。
何でも途中で投げてきたダンゴ虫ですが、暖ちゃんばかりは投げる訳に行かなかったからな。当たり前だっちゅーの!フルッ

色々辛かったけど1番は“寝なかった”
赤ん坊って生き物は寝るとオッパイの繰り返しだと思っていた私は大誤算。
退院の日から、昼夜逆転。夜中はひたすら起きて泣いています…
なにがそんなに悲しかったんだろうね~。
えっ、私の子供になった事。と思ったソコのお姉さん、正解かもしれません。
朝方5時位になると寝始め10時位までは眠るんだけど、生後5日ほどの暖ちゃんの睡眠はこんなものでした。
普通の子はオッパイ飲むとそのままウトウト落ちてしまうらしいのですが、暖ちゃんはガソリンが入ったとばかりに元気になってしまうのです。
後に聞きましたが、寝なくても大丈夫な子っていうのは居るそうで…
そーゆー子はオッパイ飲みながら(その時は目を瞑っている)寝ているそうデス。

ひたすら抱いて「ヨイヨイ」ってやっていましたね。
腰と膝にきてしまい、階段の昇り降りが出来なくなってしまったほどです。
あまりにうるさいので放置していたら、2Fから親がすっ飛んで来ました。
何時間泣くかとやってみたら2時間泣いていました。>それでも親か。
抱き癖とも違うみたいです。抱き癖って言うのは抱いていれば満足し、おとなしいらしいです。
暖ちゃんは注文の多いお子様のようで座っていれば立てと泣き、横抱きしていれば、縦抱きにしろと。ジッとしていれば歩き回れと。
これも後にわかった事ですが、生まれながらにして「自己主張の強い子」だそうです。
ど~りで今も。

いつまででしたかね・・・こんな生活は。
たしかお座りの出来るようになった7ヶ月位まではこんなだったような気がします。気が付けば泣かなくなっていました。
blogなんか始めちゃって、1日に幾記事も書けちゃうなんて想像も出来なかったな。
だから今はスッゴクらくに感じます。
でも。。。文句は減らず!
注文の多い息子と文句の多い母ですね。

梅干みたいだな、暖ちゃん。

2005_0923dan10040.jpg

今日は3週間に1度のダンゴ虫病院の日です。
私は5年前位から血圧が高く、お薬を飲んでいるのです。

妊娠がわかった時、最初の診察で「大きな病院に行って欲しい」と招かざる客になってしまいました。
何かあった時に個人院では対応が出来ませんからね…
でもどーしても個人院で産みたかったの!!
だって。。。お食事がイイんだもん。
そして大きな病院はオバケが出そうで
その後も何度か転院を迫られましたが図々しく検診に行き、無事おいしいお食事にありつけました(ソコかよっ)←三村風に言ってみて。
そして分娩時、何かあった時の血管確保のためにと、ずっとブドウ糖を点滴していたので、産み終わった直後から元気バリバリでした

妊娠中は弱いお薬しか飲めないんですよ。
でもソレでは飲んでも飲まなくても一緒なので、止めていました。
だからたま~に、動けなく程の頭痛が起きたりで大変でした。
授乳中ももちろんダメで…
授乳中のほうがきつかったかな。疲れると血圧は上がりやすく、でも相方も母もオッパイは出ませんからね。
早めに離乳した理由の1つでした。

自分に弟が居てすごく良かったと思うのだけど、こんな私ですから残念ながら暖ちゃんには兄弟を作ってあげる事が出来ませんね。
暖ちゃんの姉は犬。妹も犬って事で


病院帰りに買ったシウマイ弁当@秋。
春夏秋冬 出るんですよ。
本日のお夕飯でなく、オヤツです♪

09120001.jpg


オヤツを手にるんるん戻って来ると、預かってくれていた母が
「なんか暖ちゃん、熱いよ」と。
お熱を測ってみると38.5。
あらあら。ちょうど保険証も持っていたので病院に行ってきました。
(秋弁当を平らげてからね!ちょっと待ってて暖ちゃん。)

熱以外は咳も鼻水も下痢も無く、とっても元気で食欲旺盛。
Dr.は「ん・・・難しいな。突発疹の2回目かな。。。一応風邪薬出しておくね」だと。
こんなんでイイのかーーー。
※突発疹は赤ん坊特有の病気で8ヶ月頃と1歳半頃と、2回スルそうです。
 ちなみに暖ちゃんの1回目は済んでいます。
今日はちょっと涼しくランニングと言うかタンクトップと言うか袖無しを卒業した、暖ちゃんとダンゴ虫です。コンニチハ。

ついに!暖ちゃんは自分でソファーに上がる事を覚えてしまいました
いつかは・・・と思っていましたが、面倒な事になるので「伸ばし伸ばし」で来ていたのです。
暖ちゃんと同じ位の月齢の子はヒョコヒョコ上がっているようなので、これでも十分遅いんでしょうね。

1度上がると、ずっと逆上がりで出来なかった子供がコツを掴み、次からは余裕で出来るように、最初は「ヨッコイショ」だった暖ちゃんも2度目からはラクラクです。

「どうだ!」と言わんばかりのこの笑顔
2006_09120002.jpg


こりゃ、ダンゴ虫警部の張り込み場所が増えますね。
こらこらっ。落ちますよ。
2006_09120014.jpg


一丁前にTVを観る暖ちゃん。
2006_09120018.jpg


ココは、“高い場所鬼ゴッゴ”で言うトコのチャーコとクロミの安全地帯だったので、困りモノです。
今度は“島鬼ゴッコ”のように暖ちゃんの入れないスペースを設けないとダメですな。
2006_09120021.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。