~* お知らせ : サーバーの不具合で多くの画像が見れなくなってしまいました(涙) *~

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は第二子出産予定日。
驚いた?
お友達のね
[予定日]なんて、人間が勝手に決めたもの。
赤ん坊のご機嫌に任せればいいものよね。
パパもママもお兄ちゃんも近所のおばちゃんもみんなで楽しみにしているから、いつでもイイ、元気に出ておいでね

自分の出産の時はどうだったか?
もう随分昔の事のような気がする。
少し早めだったけど、だいぶ下がってきていたし、1週間前位から出血もしていたので、そろそろかな…という覚悟は出来ていた。
陣痛か?と思うものは夕方やってきた。
1番にした事は公園にボール遊びに行ったんだった。
今思えば、ボールを蹴る時の足の上げ下ろしが出産を早めてくれたのかも。

夕飯を作る気力はなかったので、近所のス-パーでお弁当を買った。
アイスコーナーを覗くとクー○ッシュのココア味が新発売になっていたのでそれも。
お風呂に入って、荷物の最終点検。
寝る頃にはだいぶ痛くなっていたのだけど、病院に行って返されでもしたら、
一生『もうッ、オーバーなんだから』と言われるに決まっている。
痛くなる時間を計りながら、フッと思ったの。
[あっ、アイス食べていない。今食べなければ入院中に相方に食べられちゃう]って。
陣痛の合間に無事食べましたとさ。

深夜2時。ついに決めた。病院に行こう
2匹は実家に預かってもらうことになっていた。
私の出産で朝バタバタしたらチッコに連れて行く事を忘れられてしまうかもしれない。
そう思い、真夜中のチッコ周りに行った。
これは絶対自分で行きたかったんだ。
当然御犬様は迷惑顔

そんなこんなで入院し、本人はメチャクチャ大変だったけど、人に言わせると安産だったそうで。
だからこのお気楽安産話をお友達に贈るわ。
がんばってきてね

そんな僕ちゃんも赤ん坊から悪ガキに。
カーテンに続き、今日はファンデーションのスポンジを食いちぎってくれました

食いちぎられたスポンジ


 ============ 今日のチャーコtoクロミ ============

夕方のお散歩は暖ちゃん背負ってお山に。
ボール遊びは出来ないけど、大好きなお山には歩ける場所だってある。
なるべく階段の少ないコースを選ぶ。
しかし10kgを超えた暖ちゃん。さすがに1時間でギブアップ
本人も下りたがって暴れるしね。
お山の梅はほぼ満開。
1ヶ月もすると今度は桜でお散歩出来なくなっちゃうね。
その前にまた行けたらいいな。

石畳を歩く 梅

スポンサーサイト
御犬様のフィラリア予防薬の日。
5月から7ヶ月間、月に1回飲ませます。
今月で終わりのはずが・・・なぜか1個残っている~~~。
なぜに?
フロントラインも残っているんだよね。。。
お腹も頭もたるみきっているダンゴ虫です。
コンニチハ。

頭痛もだいぶ治まり、朝のお薬を飲んだらふつうの生活は出来るようになりました。
どっからどぅ見ても健康極まりないんですけどね…アタクシって。
でもこんな日は顔は洗うけど化粧まではしたくない。
午前中はボサボサのまま(今もですが)、3CHの録画をリピートしながら暖ちゃんにはお部屋の中で遊んでいてもらいました。
私は御犬様を枕にソファーに寝転びながら監視員
1人遊びの出来る子で良かった♪
オモチャ箱はすっかり乗り物に。

2006_11190010.jpg



痛みに弱いというか、我慢が出来ないというか…
要はわがまま体質なんですね

出産の時も大騒ぎでした。
陣痛が起きると入る陣痛室とやら。
私のほかに数時間前から入っているという17歳の女の子が居ました。
ご主人も親御さんも居なくて、たった1人で深呼吸をし痛みを逃していました。
助産師さんの『旦那さん呼ぶ?』の問いに『産まれてからで良いです』とキッパリ。
見兼ねたうちの母が『腰、さすってあげましょうか?』にも『結構です』とキッパリ。
ツオイ!!
その横で、『痛い、痛い、痛いよ~~。もうヤダ~~』と壁をバンバン叩き、足をバタバタさせ、母に足を押さえ付けられていた34歳のダンゴ虫

相方は、ひたすら腰をさすってくれ、分娩台にあがってからは『水、水ッ(←水を飲ませろ)』と女王様化した私の命令に大忙し。
オギャーと産まれてからは、母に命じられたビデオまわしに勤しむ。
おかげでヤツには誕生の感動がないらしいスマン、スマン。

入院中、その彼女に会うのが恥ずかしくてね…
個室だし、授乳も食事も部屋だったので、そう会う事もないのだけど、
たまに廊下で会ったりすると下を向いていました
余談ですが1ヶ月検診で会った、その子はヤマンバメイクだった
いやいや、ヤマンバギャルも捨てたもんじゃないッ

そんな出産話を友達にしたところ
『居た、居た。そーゆーの見ると、冷静にならなきゃと思うよね』と言われました。
私って、年が倍も違う子にそう思われていたのかしら…?

さぁ~て、ボサボサのまま御犬様の散歩に行くか!
コレだけは何があってもサボリません

ソファーから降りる時にちゃんと足から降りる事が出来るようになった暖ちゃん。
ココまで来るのにどれだけかかったか!
頭をついた逆立ち姿を何度目にしたことでしょう。ほっとくとそのまま固まっていました。
学習能力が乏しいようです、この子。
隣でチャーコは迷惑そうですね。
『降りるんだったら乗るな』ってトコでしょうか。

2006_10060001.jpg


そんな暖ちゃん、『ハ~~イ』が出来るようになったのですが、どっからどう見てもアダモちゃんです。

2006_10060003.jpg


まッいいかっ。
脳みそは早くも諦めたダンゴ虫です。コンニチハ。



暖ちゃんは10ヵ月でオッパイを止めました。
私が降圧剤を飲みたかったので本当は半年位と思っていたのですが、4ヶ月のある日突然、哺乳瓶を嫌がり、それ以来一切受け付けなってしまったのです
こんな事もあろうかと、日に2度位は痛いオッパイをガマンしてミルクをあげていたのにぃ。
離乳食は順調でしたが、さすがに6ヶ月で離乳食onlyはマズイ。
さらに水分補給が出来ないので困りました。
色々なメーカーや種類の哺乳瓶・乳首を購入し試したものの全部×。
そして出会った、バッテンおんぶ紐に次ぐ救世主。
ピジョンの離乳スプーンです。

2006_10050001.jpg


コイツは優れモノ。哺乳瓶の部分はポリプロピレンなのでチョチョイと押すと押した分だけ出てくるのです
ストロー訓練もなかなか進まなかったけど、コイツのおかげで暖ちゃんはミイラ化せずに済みましたとさ。

離乳は相方のお盆休みに合わせて行なうつもりでした。
それまで寝かし付けも夜中も添い乳していたので、3日3晩泣き続けると聞いていました。。。
今は本人が[もぅ勘弁してください]って言うまでオッパイをあげるのが主流らしいのですが、私のように親の都合で断乳するのであればオッパイに執着する前の1歳未満が比較的ラクだそうです。

ガッ 7月頃、夜泣きが一段とひどくなり30分~1時間おきにギャーギャーと泣くようになってしまい、相方も私もギブアップもう添い乳攻撃も効かず…
夜泣きって本人は寝ているので、昼間も元気いっぱいでしたよ、彼は。
最後の手段、少し早めの10ヵ月で断乳を決意
思い切り覚悟していたのに、意外にアッサリ。バッテンおんぶ紐で寝てしまいました
それからは、昨晩までが嘘のように寝るようになったのです。
たまには夜泣きしますけどねっ。ご愛嬌ってコトで。
以後、1度もオッパイを欲しがりません。
もしかして、義理で飲んでくれていたのかな?

きっと、離乳食が大好きだった事と、私の母が「こんなのいいの?」って言うヨーグルト(もちろん加糖!)やハトサブレ、チーズケーキなどオッパイよりおいしいモノを食べさせていたからでしょうね。
ん・・・ビミョウです。いいのかな~
つい先日、串ダンゴを食べさせていたのを見たときはさすがの私もビックリでした!

私の都合で早々の断乳。
暖ちゃんには申し訳ないけど、睡眠、お出掛け、そして真夏の御ビと言い、良い事づくめでした。
私の都合ばっかやん!!
いえいえ、暖ちゃんにも美味しい物いっぱい食べさせてあげるからね~
今日から秋のお彼岸です。
暖ちゃんも小さいうちからお参りに連れて行きたいなー、と思っていますがお墓っていうヤツはど~も蚊が多くて
今回もチャーコとクロミにお伴してもらったダンゴ虫です。コンバンハ。

お墓(寺)繋がりで、暖ちゃんの[初参式]のコトを書いてみようかな。
[初参式]とは聞き慣れない言葉だと思いますが、浄土真宗で、初めてお参りするお式の事を言います。
一般的に、男の子が生後31、32日目で神社にお参りする“お宮参り”のようなものですねっ。
私は困った事があると、『神様~、仏様~、イエス様~』と欲張りなお願いをする図々しい人間なのですが、喪中で鳥居をくぐりたくなかった事と、おじいちゃんの眠るお寺さんなので、神社ではなくお寺でのお参りを希望をしました。

お寺というと「死」を想像してしまいがちですが、結婚式に神前式があるように仏前式というのもあるんですよね。(実際にした人は聞いた事がナイけど)
私も住職にお会いするのは不幸があった時が多いので、こんなニコニコ顔の住職を見てちょっととまどってしまいました。
2005_1103031.jpg


お式が終わると、暖ちゃんは「仏の子」となるようデス
記念に我一族では誰も持っていない御袈裟ととってもかわいいお数珠を頂きました。
お宮参りだと御札をいただけるのかな?

2005_11040004.jpg


1ヶ月半位の事でした。
私の疲れはピークに達し、とてもヤツレて写っています
2005_11030045.jpg

私の育児の中でコレを外してはならない。
それはたびたび登場する昔ながらの 

“『オッパイです』のバッテンおんぶ紐”

いやぁー、実は私、おんぶ紐を何種類買ったことか…
産まれる前は見た目重視のオシャレな物を使う気満々でした。
ユグノーのサンクマニエル、スリング、ホルダータイプ etc
相方もオシャレなおとうさんを夢見て、チャーコでシュミレーションしていましたよ。
2005_08290004.jpg



でもどれもこれもシックリ来なくて、5,6個買いました
そしてやっと辿り着いたのがこの昔ながらのおんぶ紐だったのです。
辿り着くまでも長かったけど、今時こんなの売っている所を探すのも大変でした

出会うまで。
とにかく寝ない子なので家事どころか歯磨きも出来ないのです。
ようやく首が座った頃から、1日の大半をこのおんぶで過ごしていましたね。
イイんですよ!コレ。
両手が空くから、洗濯に食事の支度にって、まるで夢のような紐です。
さらに、寝るZzzz…
保育園で勤めている友人に聞くと保母さんはみんなこのバッテンだそうです。

今でもグズりはじめたらバッテン。
寝かせたい時にはバッテン。
お寿司はバッテラ。
もう暖ちゃんにもバレてきて、足を入れようとすると「寝るもんかぁ!!」って激しく抵抗されています。
おぶっちゃえばコッチのもんさっ


そして。
我が家にはチャーコとクロミが居るので、小さい時から雨でもヤリでもお散歩に付き合ってもらわなければいけませんでした。
ベビーカーは新生児でも寝かせたまま乗せられるというAB兼用型を購入。
何回かはベビーカーで行ったのですが、坂道でウンチョスされたりすると拾う時に危険だったりして。
結局、お散歩もこのバッテンになりました。
雨の日でもコレなら
外を歩くのは絶対にイヤっと思っていたんですけどね…
これは、まだ夏前、バラを見にヴェルニー公園までお散歩に行った時の写真です。
周りの人が笑っていまね
P6060055.jpg



1歳になった今も10kg背負って、1日1,000歩近く歩いているのです

絶対オススメです。
“『オッパイです』のバッテンおんぶ紐”
未だに相方は「外は勘弁して」と言っておりますが・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。